クリスマスのイルミネーション(LED)2016年のまとめ[本記事のまとめ]

クリスマスのイルミネーションについての雑記です。

以下昔の適当な日記的文章

以下雑多な適当文章です。超暇とかならお読みください。

クリスマス飾りについて、折り紙、とか金紙 とかを前に書いてみました。

クリスマス飾りとしては、イルミネーションライトとしてLEDのイルミネーションというのがいろいろあるようです。

クリスマスツリーに飾る用途で使われる方が多そうなようです。

LEDのイルミネーションライトには、防水、防雨という機能があるものがあり、

クリスマスツリーを外に出して置いて、庭とかに飾っても、防水、防雨機能のために壊れなくて、安心ということでしょうかね。

LEDのイルミネーションライトだけ飾れば、他のオーナメント(飾り)は無くても十分にキレイであるようです。

LEDのイルミネーションライトを庭の木につけて飾るという方も居られるようです。

家を持っていて、庭があるとは大変うらやましい限りです。

ソーラー充電機能があるイルミネーションライトもあるようですね。

ソーラー充電機能があれば、家からコードを引っ張ってきたり、電気代も特にかからないというのが良さそうなんでしょうか?

ソーラーは、あまり光らないという意見の方もいるようでしたが、買ってみると十分光るという方もいるようでした。

庭のクリスマスツリー用途としては、ソーラー充電機能付の物が良いのかもしれませんね。

LEDのイルミネーションライトには、
防水、防雨機能
ソーラー充電機能

があるものがあるので、用途によってすごく便利そうですね。

LEDのイルミネーションライトには、ロープライトというのもあるようです。

文字通り、ロープ状のライトのようです。ヒモというチューブの中にLEDが入っていて、ピカピカ光る感じですね。

ロープライトもクリスマスツリー用途として良さそうだと思います。

イルミネーションライトとして、LEDスノーフォールライトというものもあるようですね。

LEDスノーフォールライトもクリスマスイルミネーション用途としてイイのでしょう。

私の見た目の個人的感想としては、LEDスノーフォールライトは、「ピカピカ光るツララ」のように見えます。

洞窟とかにあるとキレイな気がしてならないです。デザインが独特であるという意見もあるようでしたね。

イルミネーションライトは付け方でいろんな表現ができるようですね。

例えば、以下のような物なんでしょうか?

ハンモックのネットのような付け方
ナイアガラの滝のように滝をイメージした付け方
ツララをイメージした付け方
クリスマスツリーに巻いてクリスマスツリーをピカピカ光らせる付け方

最後に書いた使い方は普通の使い方ですね。