会社に行かなくてよいので、9月になってからプールにいってみた。

久方ぶりのリフレッシュ目的だった。

電車に乗って、乗り継ぎがあるちょっと大きめのプールに行った。

その後、バスに乗った。バスはちょっと混雑していた。

プールについた。

プールの脱衣所での着替えにもたついて、結構な時間を過ごしてしまった。着替えに手間取るのはもったいない。

そして、着替え終わった後は、プールに行った。プールは、流れるプール、波のプール、ウォータースライダーがあった。

もちろん水着のお姉さんとかもいた。眼鏡をかけていなかったのでよく見えなかったのが残念である。

プールに行く時に持っていくと便利なのは、やはり、水中メガネと売店で物を買うときに小銭を入れておけるプール専用の小銭入れだろう。

この二つを持って行って正解だった。

カレー、たこやき、ポップコーンなど売店で、食べ物も売っていたにもとにかく、プールに入ること優先し、プールで泳いだ後は、何も食べずに帰ってきた。

そのくらい買って食べた方が、さらなるリフレッシュを味わえたのかもしれない。

プールに行くのは、本当に久しぶりで、いってみたかったのは、やまやまだったのだが、サラリーマン時代には、なかなか行けなかったし、行く気するおきなかった。本当に疲れすぎてて、行きたくても行けなかった。

なんというか本当はもっと暑い時に行った方が、気持ちよかったのではとも思った。

それでも十分にリフレッシュして、気分転換になり夜はとてもよく眠れた。

やはり体を疲労させるのは、夜の睡眠を良化し、健康によいものだなと思った。

今度行く時は、7月頃にプールに行きたいと思っている。

9月にプール行くメリットは?

1.あんまり暑くないので、人が少ない。よってのびのび泳げたりもする。
2.9月10日ぐらいまで、プールやってると私は思っていなかったので、たぶんプール終わっていると思って来る人が少なくすいている。
3.人が少ないので、ウォータースライダーなどの遊戯施設を使うのに、待ち時間が少ない。
4.内部の売店、食べ物屋での待ち時間が少ない。
5.とにかく寒いので、体を温めるため、泳ぎに集中し、結構運動になり、その後、夜にはよく眠れる。
6.人が少ない方がストレスを感じないタイプの人には、すいててよいと思われる。
7.満員電車が嫌いな人は、すいててとても良いと思われる。
8.すいているのでプールの脱衣所で着替えにとまどって、もたもたしていてもあまり問題ない。

9月にプール行くデメリットは?

1.水が冷たく感じるので、最初に入るときとにかく寒い。
2.人が少ないので若干さみしいと感じることがあるかもしれない。
3.人が多いのが好きな人は、物足りなさを感じる。
4.かっこいい男の子、女の子などとの出会いを求めている人には、人が少ないのであまりお勧めできないかもしれない。
5.満員電車が好きな人は、すいてて嫌なのかもしれない。好きな人は、ほぼいなそうではあるが。

9月じゃなくてもプールに持っていきたいもの

1.水中メガネ
2.小銭を入れておけるプール専用の小銭入れ

あとは、海パンを忘れずに持っていかないとね。