床屋に行ってスポーツ刈りにしてきました。

スポーツ刈りは、本当にひさしぶりです。

中学校の頃に坊主頭が、校則で決まっていたので、それ以降の髪型では最も短い髪型だと思います。

中学校以降の高校、大学、社会人生活を通してほぼ、髪型としては、「横と後を刈り上げにして、全体的に短めに」

というようなかなり適当な注文を床屋さんにしてきました。

今回は、スポーツ刈りです。

スポーツ刈りは、一部の芸能人さん、有名人さんもやられていて、おしゃれで、かっこいい、などとも言われることがたまにあるようですね。本当にそうなのかは、私にはわかりませんが。

スポーツ刈りの良いところは、髪を短く切られるので、耐久性が高いことにあると思います。

要するに、一度髪を切っておくと、髪が伸びる期間が長いため、次に髪を切りに行くまで結構な期間をおけるということです。

散髪代金のかなりの節約を実現できます。

そして、スポーツ刈りの良いところの2点目は、頭が涼しいということではないでしょうか?

9月だというのに、この頃、結構暑いので、暑いときは、やはり、頭にあまり毛がないほうが涼しいです。

本当に久しぶりのスポーツ刈りですが、見た目ほとんど坊主頭と変わらないように見えます。

ヘアスタイルの仕上がりとしては、角型の坊主頭のようなスポーツ刈りでした。

そういえば、いつものヘアスタイルである「横と後を刈り上げにして、全体的に短めに」という注文の時より、スポーツ刈りを注文した今回の方がだいぶ早く散髪が終了しました。

ほとんどバリカンで、ざっくり切った後、ちょこちょこハサミを入れるだけで、本当に短い時間で、散髪終了でした。

私より、20分早めに散髪開始した人と同時刻に散髪終了でした。

おそらく、床屋さんも「スポーツ刈り」という注文の方が、仕事が楽なんだろうな。と思いました。

床屋に行ってスポーツ刈りにしたのまとめ

1.スポーツ刈りにすると散髪代金のかなりの節約を実現できる。
2.スポーツ刈りにすると頭が涼しい。
3.床屋さんとしても「スポーツ刈り」という注文の方が、仕事が楽で、早く終わり経済的なのであろう。