今回は、クリスマスグルメについて記載してみます。クリスマスグルメと言えば、コンビニ(ファミマ、ローソン、セブンイレブン)のクリスマスケーキ、ケンタッキーのチキンなどが思い浮かびます。今回聞きなれないクリスマスグルメの単語を知りました。「シュトーレン」というクリスマスグルメです。クリスマスに食べるようなのです。

シュトーレンとは?菓子パン?ドイツと関係があるの?一体何?

クリスマスの時に食べるクリスマスグルメで、「シュトーレン」と呼ばれるものがあるそうです。「シュトレン」とも言うそうです。ドイツ由来の菓子パンのことだとのことです。伝統的にクリスマスの時に、「シュトーレン」をドイツでは食べるのだとか。うーん。全く聞いたことない食べ物でした。クリぼっちの私のクリスマス時における伝統的食べ物は、コンビニエンスストアのクリスマスケーキ、まはた近くのケーキ屋やシャトレーゼのクリスマスケーキであったり、ケンタッキーのチキンなどであったが、ドイツの人は、「シュトーレン」を食べながら、クリスマスをお祝いするのですね。そういえば、クリスマスマーケットもドイツのイベントが起源でしたね。最近は、ドイツのクリスマスグルメやドイツのクリスマスイベントを日本に取り入れるのが流行りなんでしょうか?

元の話に戻りますか、

「シュトーレン」はお菓子のパンです。

全くイメージ伝わって来ない説明ですね。

ドイツ語で、「シュトレン」という単語が意味するところが、鉱山などの内部通路である「坑道」であるそうなのです。要は、トンネルみたいなものであり、「シュトーレン」というお菓子は、トンネル形状をしているようなのです。

「シュトーレン」は、オレンジの皮、レモンの皮、レーズンのようなフルーツそしてナッツなどがパンに練りこまれた菓子パンで、形状はトンネル形状、そして真っ白に表面あたりを砂糖で、覆っているような見た目をしている。とのことです。

何にしろ

「シュトーレン」は「菓子パン」です。

うーん。やっぱり写真なしでは、限界を感じる今日この頃です。写真があれば、コレです。で終わるはずなのですが。。。

ああ、あとフルーツの味が日を追うごとにパン生地に染み込む感じで、作りたてから味が毎日濃くなっていくような菓子パンなのだそうですよ。作成後に、味が染み込み濃くなるため、クリスマスまで、ちょこっとずつ食べるとだんだん次の日、さらに次の日になると味が染みて深い味になり、毎日、クリスマスカウントダウン気分を味わって、クリスマスがより楽しみになるのだとかいう話もあるようでした。

シュトーレンはどっかで売っているの?いくら(値段、価格)ぐらいなの?

とりあえず、私の大好きな楽天市場で、「シュトーレン」を見てみました。売っているようです。およそ1000円~3000円ぐらいのようでした。やはり「シュトーレン」は、トンネル形状で、外装が砂糖で真っ白けな感じのお菓子パンです。名称も「シュトレン」、「シュトーレン」両方あるようでした。価格.comも見てみました。やっぱりおよそ1000円~3000円ぐらいのお値段が多いようでした。でも、高級なのだと4000円6000円なんてものもあるようでした。食べ物はやっぱり食べてみないことには何とも言えない気がしますね。今回は、「シュトーレン」と言われるクリスマスグルメのご紹介でした。